Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20220824 KarDiaN Titania

f:id:acidmb:20220821190514j:image

今月最後のmngにするつもりです笑

KarDiaN Titaniaです!

KarDiaNは日本のペダルビルダーで、東京エフェクターが2017年2月に開催した「第4回エフェクタービルダーズ・コンテスト」で優勝し、その年の8月に優勝を勝ち取ったペダル「C3H5N309/ニトログリセリン」を販売し有名になったビルダーです。

化学式を用いたネーミング、エイジド加工を施されたような筐体などが特徴で、今日でも人気ビルダーの1つとして認識されてます。

 

Titaniaは日本人ギタリストであるLeda氏のシグネチャーペダルで、開発の経緯などはLeda氏の公式サイトに事細かく記載されてます。

Leda氏がアンプよりエフェクターの歪の方が好みで、より自分の好みの音がするエフェクターを製作してもらおうと白羽の矢が立ったのがKarDiaNでした。

そしてバージョンを重ねて完成したのがこのTitaniaとなります。

Titaniaは通常版とレーザー彫刻が筐体にあしらわれているものがあり、レーザー版は約8千円程高くなってます。

中身は変わらず、そのレーザーの模様の有無のみの違いとなってます。

 

インターフェース

Volume、Gain、Bass、Middle、Treble、Presenceの6つのつまみと、H、M、Lの3-WayトグルスイッチであるCharacterで構成されてます。

電源はアダプターのみで9~18V対応となってます。

9Vの場合コンプレッションやゲインが強くなり、18Vではレンジが広くなります。

 

トーン

まずCharacterスイッチはL→M→Hの順にゲインの最大値が上がります。

歪のキャラや音量は変わらず単にゲイン量のみの変化なので、曲ごとにゲイン量を変えたい場合は便利です👍✨

一見Bogner La Grangeのgainトグルスイッチに似てますが、あちら程顕著には変わらずLでもディストーション並のゲインを持ち合わせています。

それに連動してGainつまみでゲイン量を調整します。

 

GainつまみはCharacterスイッチによって変化の幅が違い、Lでは最も広くM、Hの順に狭くなっていきます。

Lではオーバードライブ~ディストーションまでカバーし、Mではディストーション~ハイゲインディストーション、HではGainつまみが9時くらいで既にハイゲインで右に回していくと倍音が付与されていく感じです。

全体的にBE-ODよりはややゲインが弱い気がしますね🤔

 

Bassは80Hz辺りの箱鳴りや地鳴りといった部分に作用します。

繋ぐ先のアンプが口径の小さいスピーカーを搭載してる際ここを上げて低音を補強したり、スタジオのスタックアンプでも重厚な低音を演出するのに非常に使いやすいです😎🤘

Middleは500Hz辺りのブースト/カットで、ここで歪の性質やトーンが大幅に変わります。

左に回していくとMarshall風のドンシャリサウンドが得られ、逆に右に回せば往年のハードロックなどで聴ける分厚いミドルが顔を出してきます。

また歪もそれに伴って左側に回せばエッジが鋭く、右に回していくにつれ滑らかになっていきます(がハイゲインなエッジは残ってます)

Trebleは凡そ3kHz辺りの増減で下げ切っても多少籠る位で輪郭は残り、フルにしても耳に痛くない程度に上がります。

この効き方は選んだ帯域も増減幅もかなり綿密に工夫されており、非常に使い勝手が良くなってます。

トーンの明るさ、抜けをここで一括で可変させる感じです。

Presenceは主に倍音成分に関与する箇所でほんのり変わる程度です。

歪のきめ細かさや輪郭、明るさに作用する感じで、全てのトーンを作り終えた後に微調整する形で弄るのがいいかなと思いました🤔

 

鳴らしてみた

今回は元ネタと囁かれているFriedman BE-ODとの比較です笑

個人的に思ったのが、

「BE-ODの歪成分はそのままに大幅にトーン調整したもの」

というものです。

具体的にはBE-ODの象徴である強烈な高域〜超高域をかなりマイルドにして、相対的に中域〜中高域が聴きやすいサウンドになった印象です。

またミドルレンジのキャラも異なり、ここでも全体的なトーンの差別化が図られてます。

一応

こんな感じでTitania側のTrebleとPresenceを1時位にすれば高域成分は近付ける事は可能ですが、ミドルレンジの違いによってやはり全体的なトーンが違ってきます。

低域はBE-ODの方が司る帯域がやや高めでミドルにもほんのり掛かってますので、単純に地鳴り感が欲しかったらTitaniaの方が便利かも知れません。

 

総評

BE-ODとかなり似てますが中域が弄れるのと微妙なトーンの違いで差別化が図られており、改造Marshall系のAIABが気になっててどちらも持ってない場合は一考かなと思われます。

サウンド面では特に癖が無く普通に使いやすいMarshall系のディストーションで各種つまみの効きも良く、また値段も国産のビルダーのものにしては比較的リーズナブルなので手に取りやすいです👍🤘✨

サウンドハウス

DJI

20220815 GOAT Stereo Echo

f:id:acidmb:20220807165855j:image

Gallien Krueger 250MLに続きmy new gear...

GOAT Stereo Echoです!🤘😆🤘✨

GOAT BLUEシリーズはSR&D社のRockmanシリーズの言わばリバイバルを目指した製品群で、Distortion Generatorを再現した「GOAT Generator」、Stereo Chorusを再現した「Stereo Chorus」、そして今回のStereo Echoを再現した「Stereo Echo」の3機種がラインナップされてます。

このStereo Echoが現段階での最後の製品になります(が、このワタクシGuitarstuffがTC楽器に一応EQの再現もお願いしておきました!w)

このStereo ChorusとEchoはCoolaudio社のBBDを使用しており、ChorusはV3207、Echoは恐らくV3205とV3207の併用みたいです。

 

インターフェース

Stereo Chorus同様Preamp Levelがあり、ここでインプットレベルの調整が出来ます。

特に断りが無ければ12時の-6dBが安定してるかと思われます。

Echo Timeはディレイのこだまの鳴る感覚を決めます。

右に回していくとこだまの感覚が長くなります。

左に振り切ってダブリング効果やスラップバックディレイを作ったり、10時くらいにしてリバーブっぽくしたり、逆に長くしてサウンドオンサウンドなんかを狙えたりします。

Feedbackはこだまの鳴る回数を決めます。

左に振り切るとほぼこだま無し、逆に右に振り切ると永遠と鳴り続けます。

右に振り切るとディレイ音は段々大きくなっていくので、特定の演出とかに使えそうです🤔

逆にダブリング効果などを狙う場合はこだまの回数を1~2位にするのが良いですね。

PANは左右のスピーカーでディレイ音の鳴り方を決めます。

「◀︎Echo▶︎/▶︎Main◀︎」は左がエコー無し、右がドライ音+ディレイ音という形で鳴ります。

「◀︎Echo▶︎/◀︎Main▶︎」は左右でディレイタイムが違う形でドライ音+ディレイ音で鳴ります。

「Echo▶︎/◀︎Main」は左側でドライ音+すぐ消えるディレイ音を鳴らし、右側ではディレイ音のみ(ドライ音はカットされて音の遅れが生じる)を鳴らします。

Stereo Chorusと組み合わせる際はStereo Chorus側がWideやNormモードになっている場合、Stereo Echo側のPANが1番上か1番下になっているとコーラスとして機能しないので、WideかNormの場合はStereo EchoのPANは真ん中、Equalならどこでも良いという感じです。

Echo Volumeはディレイ音の音量を調節します。

俺的にはリバーブ的に使うなら8〜10時くらい、普通のディレイでも12時付近がいいかなと思いました。

 

鳴らしてみた

今回はGOATシリーズ3機種同時に鳴らし、Stereo EchoのPANは真ん中、つまみは全て12時にしてます。

感想としてはアナログディレイとしては中々優秀でRockmanのものに結構近いという印象でした。

気持ちRockmanの方が奥行感が出てるかなという程度で、左右で異なるディレイタイムやアナログ特有の温かみのあるディレイ音はやはり宇宙空間のような奥行を演出してくれます。

一般的なアナログディレイと比べてしまうとやはり癖は強いですが、ディレイをディレイとしてでは無く、その名の通りエコーサウンドとして見ればその特異な広がりを生かせるかもしれません🤘✨

因みにPANは真ん中の状態で左右どちらかからアウトすればモノラルディレイとしても一応は使えます(Leftが75~300ms、Rightが125~500ms)

 

総評

Rockmanのクローンとしてもまあまあ申し分無く、アナログディレイ(エコー)としてはかなり良いと思います🤘✨

Rockman Stereo Echo自体出回ってないので、これを買ってしまうのもありですね。

ただアナログディレイとしては2022年8月現在¥46,200と高価で、モノラルで使うならMXR Carbon Copyというキャラが被って安価という強力なライバルがいますし、デジタルでも良ければStrymon TimelineやEmpress Tape Delay、BOSS RE-202なんかもあります。

ただステレオだとやはりRockman(GOAT)でしか出せないエコーサウンドというのも事実で置き換えが利かないし、Rockmanのものは基本無いか出てきても高価なので、そういった意味ではオススメです🤘✨

サウンドハウス

DJI

20220807 Gallien Krueger 250ML

f:id:acidmb:20220730073347j:image

安かったので買いました笑

Gallien Krueger 250MLです!😎🤘✨

Gallien Kruegerはアメリカのギター/ベース用アンプのメーカーで、1969年から続いている老舗のベースアンプメーカーとして有名です。

Carlos Santana氏が1968年にGMT 226Gギターアンプを買い、その翌年にWoodstockのライブで即行で使われてその名を一気に馳せる事になりました。

その後GKシリーズとしてラックマウント型やBi-Ampなどをリリースし、ベースアンプメーカーとしての地位を築き、AmpegやMark Bass、Trace Elliot、Hartkeなどと並んで代表的なメーカーとなってます。

1983年、ギターアンプの250MLを発売します。

6.5インチスピーカーを2基搭載し、100wのパワーアンプを搭載したその小型コンボアンプは瞬く間に人気になり、その年のベストセラー商品になったそうです🧐

80年代のHR/HM系バンドにこよなく愛され、RockmanやADA MP-1と共に時代を築き上げたアンプです😂

 

インターフェース

Ch AとBに分かれており、Aは主にクリーンとクランチ、Bはディストーションとなっております。

双方のCh共Volのみとなっており、Gainスイッチでゲインブーストする方式です。

 

Ch Aは基本クリーンサウンドで、Compスイッチでコンプレッションを追加してアタック音の強調やサスティンを長くします。

Gainスイッチを押すとクランチ程度まで歪が足されます。

ゲインの調整幅は狭いですが、クリーンかクランチしか使わないよって人には便利かと思われます😃👍✨

 

Ch Bはオーバードライブで、Gainスイッチを押すとディストーションまで歪みます。

但し、Gainスイッチをオンにした時のゲイン量は結構増えるのですが、全体的なゲイン量が少なくBOSS DS-1位かなと思われます。

 

EQは8kHz、2kHz、500Hz、120Hzと帯域が書かれており、それぞれPresence、Treble、Middle、Bassと置き換えると分かりやすいです😉

8kHzは高域の倍音や輪郭に関与し、また歪のエッジが鋭くなります。

2kHzはどちらかと言うとハイミッドに分類され、明るさ、抜け感、音の芯などを司ります。

8kHzと相互調整して高域のキャラを決めるといいかも知れません。

500Hzは多くのギターアンプやエフェクターなどで採用されるミドルレンジで、やはり音の太さや厚みに深く関わってきます。

下げるとMarshallっぽいドンシャリ感が得られ、上げるとハードロックなどで聴ける分厚いミドルが顔を出してきます。

2kHzと共に重要なEQです。

120Hzは低音で、ローエンドがスッキリしつつも箱鳴り感を出すような効き方をします。

上げてもモコモコしたり音割れとかは無いので、6.5インチスピーカーを12インチスピーカーにしたかの如く低音を増強したければ、ここを上げると良いかなと思いました。

 

Echoはアナログディレイで、回路図によるとBBD MN3007を採用してるみたいです。

エコーというよりもリバーブのような効き方で、Rockman X100のEchoやXPRのRevbモードに近いですね🤔

ChorusもEcho同様MN3007と、比較的珍しいMN3011を採用してるみたいです。

ステレオコーラスで、2基のスピーカーから空間合成で出力したり、Stereo OutputではRingとTipからそれぞれドライ音とエフェクト音が出てきます。

 

鳴らしてみた

今回は歪を中心に鳴らしてますが、ディストーションエフェクターのような歪という印象です。

確かに従来のソリッドステートアンプなどに比べるとエッジが丸く滑らかな歪ではありますが、チューブなどに比べると硬めで平面的な歪ですね。

ただこういった系統の歪はブースターや空間系の恩恵を受けやすく、事実内蔵のコーラスやエコーとの相性はすこぶる良いです👍✨

EQの効きはどれも良く、ここで積極的に音作りが出来ます✌️✨

 

ゲインブーストしてIRを当ててみた

某伝説のバンドはコレをMXR Distortion+でゲインブーストし、Marshall 1960 G12T-75で鳴らしてたという情報を得たので、早速やってみました笑

今回は1960キャビはそのままに、中のスピーカーを色々取り替えて(G12M25、Vintage30)鳴らしてみました🤘😉✨

まずG12T-75は基本フラットで、ややハイミッドが強いという印象です。

これに対しG12M25はミドルが濃厚で、個人的にはコレが一番好きですね🥰

Vintage30は英国製で、こちらはG12T-75に非常に近いサウンドという感じですが、V30の方がミドルがある印象です。

昨今の中国製のは音が細くひたすらドンシャリサウンドですが(Bogner 412キャビのIRで確認)、英国製は音があからさまに太く、またミドルも豊富に出てる事が分かりました(*^^*)

 

Gallien Krueger 250ML vs Rockman XP-100

最後に似たもの同士の対決🤘😎🤘✨

因みに、250MLがリリースされたのは1983年、XP-100は90年となってます。

つまり250MLはXP-100よりかなり前の、ヘッドホンアンプであるRockman IIBが発売されてた頃に出たということになります。

アンプとしては250MLの方が先ですが、コンプ+プリアンプ+キャビシミュ+コーラス+エコーの複合体ユニットとしてはRockmanの方が先ですね。

比べた結果、XP-100の方が時代が経ってるのか、やはりハイゲインでレンジが広いという印象を受けました。

スピーカーユニットが1基ずつ独立してるというのも、箱鳴りという意味では有利なのもありますね。

倍音もXP-100(やXP-100a)の方が豊富で、ザクザクしたメタルなサウンドもこちらの方が得意かなと思いました。

250MLはなんと言うか、Rockman IIB時代のソフトクリッピングによる歪を模倣してるという印象で、そう考えるとIIBやSoloistに似てるかも知れませんね🤔

 

総評

数々のメタルバンドが愛用してたアンプですが、思ってたより歪まず、やはりゲインブースターは必須です。

ただそのゲインブースターもバンドによってまちまちで、さっきのDistortion+の他にTube Screamer TS9か808を使ってたという事例もあるそうですし、なんならCentaurやTimmy、Precision Driveなんかも良さげかもしれません笑

クリーンやディストーションは内蔵のコンプやコーラス、エコーと組み合わせる事により80年代の雰囲気がバリバリ出るので、その時代のサウンドを再現するならとても重要なパーツと言えるでしょう😂

サウンドハウス

DJI

20220717 BOSS DS-1

f:id:acidmb:20220715203844j:image

7月最初のmy new gear...

という事で、(なんの目新しさも無い)BOSS DS-1でございます😁

さて、なんでこんなボロボロのDS-1をわざわざ中古で買ったか?

恐らくお気づきの方もいらっしゃると思いますが、コイツは何を隠そう銀ネジ、全角ハイフンの初期型モデルなのです!😉👍🤘✨

 

昨今ヴィンテージBOSSコンは目を見張る程価格の高騰が続いており、初期OD-1(オペアンプがレイセオンRC3403ADB)なんかは7万を超えたり、Slow GearやSpectrumもその位か更に超え、XtortionやPower Driverなんかも徐々に上がりつつあります(限定発売のTone Benderは例外)。

このDS-1や初期の日本製DS-2なんかも例に漏れず中古価格が上がっており、DS-1なんかは当時の価格より2倍位の高値で買いました(多分今後もっと上がるので、今のうちに差押えしておきましたw)

 

DS-1は1978年から販売が開始され、1989年まで生産されました。

1989年にDS-2がリリースされたので一旦ディスコンになりましたが、2001年に復活して現在も販売されてます。

現行品は持ってないので比べようが無いのですが、現行のロットは小型基盤になってモディファイがほぼ不可能になった代わりに、バッファが改善されてるという評判があります。

 

何れにせよMXR Distortion+やPro Co RATと並んで、70年代終盤から現在に至るまでディストーションペダルの代表格として君臨してます👑

 

インターフェース

シンプルにTone、Volume、Distの3つのつまみで構成されてます。

特徴的なのが、左からTone、Volume、Distとつまみが並び、真ん中のVolumeが小さいつまみになっている点でしょうか。

3ノブ系のペダルは大体Toneが真ん中に来るんですが、こちらはVolumeが真ん中に来るので(俺みたいに)間違える人がいるかも知れません笑

電源は006P電池か、ACA仕様の9Vアダプターになります。

今回のDS-1に限らず初期のBOSSコンはACAアダプターに対応しており、PSA-100などの現行のアダプターやパワーサプライを使った場合電圧不足で音量が足りなくなったり、下手すると最悪壊れます😨

なのでアダプターで駆動させる場合、素直にACAを買うか、それに近い電圧(12V)を供給するものを使うか、LS-2やTU-3、NS-2なんかに搭載されているパワーサプライ機能を使うのが良いでしょう。

 

トーン

MXR Distortion+やPro Co RAT同様、古き良き荒い歪でフラットなトーンという感じです。

昨今はアンプのようなきめ細かく、レンジが広く、奥行感や分離感が感じられるディストーションが主流になりつつありますが、このDS-1はそんな流れとは皆無ですね笑

現行品とは音の差が分かりませんが、「噂」によると滑らかになって、BOSSらしいコンプが掛かってると言われてます。

 

OD-1でブーストしてみた

77年製のレイセオン搭載のOD-1をゲインブースターにして79年製のDS-1をブーストしてみました。

IRはJC-120です(75年発売)

ギリ70年代で再現出来るハイゲインディストーションですが、OD-1のLevelつまみがそこまで大きくなく、際立ったゲインブーストは出来ないです😅

Driveつまみを12時くらいまで上げてそれなりにゲインを稼げる感じです。

 

比べてみた

DS-1 vs eBand JS-10(Distortion)

現行のDS-1を持ってないので、JS-10に内蔵されてるDistortionモードと比べてみました。

アンプタイプはJC-120です。

比べてみた限りでほぼ同じであり、JS-10の方が若干歪がきめ細かく低音が出てるかな?という補正が掛かってるという印象ですね。

 

DS-1 vs DS-2

「DS-2のIモードがDS-1」という都市伝説を聞き比べてみました笑

感想としては、DS-1の方が高域が強くエッジ感があり、音が前に出る印象です。

相対的にDS-2は音が引っ込みがちで丸い歪ですね。

ゲイン量は変わらないので、マイルドさをとるかエッジ感を取るかでしょうか。

DS-2の方がやはりBOSSらしいという感じですね。

 

DS-1 vs Tokai TDS-1

DS-1のクローンその1。

比べた感じほぼ同じサウンドです笑

ほんの僅かにDS-1の方が高域が出てるかな?程度で、恐らく回路のパーツの個体差かなと思われます。

なので音という面ではTokaiでもいいと思いますし、なんなら現行のDS-1の方が安いのでそれが一番コスパ的に良いと思いますが、そこは浪漫ですね😁🤘

 

DS-1 vs VOX Satchurator

DS-1のクローンその2。

比べた感じほぼ同じサウンドです爆

昔はSatchuratorの方が低域が出てるとか、歪がきめ細かくなって使いやすくなってるとか思い込んでましたが、同じサウンドでした🤣

強いて言えば、SatchuratorではMoreスイッチで過剰なゲインブーストを行え、Gainつまみを9時くらいにしてバッキング設定にし、Moreを踏む事でリードサウンドに素早く切替えられるというアドバンテージがあります。

Joe Satriani氏のシグネチャーという立ち位置なので、DS-1から大幅に変わったかと思いきや、蓋を開ければほぼ同じサウンドなので、如何に氏がDS-1を気に入ってたかが分かりますね😊

 

DS-1 vs Guyatone DS-011

Guyatoneはディストーションと呼ばれるペダルを多く作ってるので一概に代表作を絞れませんが、取り敢えず手持ちのDistortion Sustainerと比べてみました。

比較した感じでは、DS-1の方がエッジが効いていて、DS-011は相対的に角の取れたサウンドという感じですね。

ゲイン量はDS-011の方がGainとSustainをMAXにすれば若干上ですが(サスティンは断然DS-011)、その分ノイズが酷いので、ノイズレスなDS-1の方が使いやすいかもしれません。

 

DS-1 vs Pro Co RAT(86年製)

80年代のド定番ディストーション対決!

という事で、過度期の86年製RATと比べてみました!⚔

結論としては、歪量はRATの方が上ですが、DS-1を超えるゲインを稼ぐとファズになるので、ディストーションとして使いたければ同じ位か、ややDS-1の方が融通が利くという感じでしょうか。

歪のきめ細かさや音圧面ではRATの方が勝ってますね。

またトーンにもかなりの差異があり、DS-1がフラットだとするとRATはミドルが分厚い印象です。

80年代のディストーションはスラッシュメタルなどを除けばミドルレンジが分厚い印象があり、そういった面ではRATの方が有利ですし、80年代を代表するディストーションなんだなと思いました。

 

総評

「ディストーションの代表的な音」という意味では、MXR Distortion+、Pro Co RATそしてDS-1が御三家かなと思ってます(Marshall Guv'norはアンプライクディストーションの類かなと認識してます)

昨今は至極個性的なものから没個性なディストーションまで山ほどあり、DS-1に関しても同じBOSSからDS-2、MD-2、MT-2(W)、ST-2、ML-2、DS-1X、HM-2Wなど様々な選択肢があり埋もれてしまってる感が半端ないです笑

ただ銀ネジ、全角ハイフン、70年代製というコレクター心をくすぐる今回のDS-1は正しく浪漫であり、また小型実装基板の現行品とはバッファも含めて音が違うらしいので、「70年代当時のDS-1の音」という点では唯一無二です😎🤘🤘🤘

サウンドハウス

DJI

20220629 GOAT Stereo Chorus

f:id:acidmb:20220629010040j:image

多分一昨年ぐらいにオーダーしたと思うのですが、漸く届きました!!🎁

GOAT Stereo Chorusです!

GOATはTC楽器 | 楽器の買取りと販売(旧 THE中古楽器屋)の専属ペダルメーカーみたいな所で、これまで野球チームのシグネチャーペダルとか作ったり、前回の記事

でご紹介した通り、Rockman Rockmodulesをペダル化してリバイバルしたりしてます。

Rockmanのリバイバルシリーズに関しては、最初はRockman Distortion GeneratorをモチーフにしたGeneratorをリリースし、今回ご紹介するStereo Chorus、そして今後リリース予定のStereo Echoと続きます。

RockmanひいてはBOSTONサウンドの要は、最低限ディストーションとコーラスと言われてるので、その重要なパーツが揃ったという感じですね🤘✨

このStereo Chorusはオリジナルに準じてBBD素子が使われており、アナログのコーラスサウンドを出力します。

またこのコーラスはBBD素子の入手が困難な為、数量限定生産みたいです。

 

インターフェース

youtu.be

Preamp Levelは入力ゲインを調整します。

コーラスの前に繋ぐ機種によって入力レベルが異なり、場合によってはクリッピングして音割れを起こす可能性があります。

基本は12時(-6dB)で使い、0dBや+6dBでもクリッピングを起こさなければ上げても大丈夫です。

上げると音に芯が出てきます。

 

Sweep Speedは一般的なコーラスのRateやSpeedに当たる部分で、揺れの速度を調節します。

設定次第ではRockmanよりも速い揺れが得られますが、Rockmanらしさが消えて普通のコーラスぽくなっていくので、ここは0から少しずつ上げて微調整するのがいいかなと思います。

 

Deep Chorusは一般的なコーラスのDepthとディレイタイムを調節します。

両方同時に効くので、上げるとディレイタイムが長くなり、またうねりがエグくなっていきます。

Rockman Stereo ChorusにおけるLong Chorusに該当するつまみですが、Long Chorusはディレイタイムを2倍に長くするだけなのに対し、こちらは深みまで調節されるので、Rockmanらしさを出す場合あまり上げない方がいいかも知れません。

 

Outputはドライ音+エフェクト音に完璧に分かれて左右のスピーカーから出力するWide、片方に弱めのエフェクト音、もう片方に比較的多めのエフェクト音を掛け、空間で合成するNormal、左右とも同じくらいの比率のエフェクト音で、モノラルでも使えるEqualの3つの中から選べます。

Wideだとスピーカーの位置やセッティングにかなり左右されるので、Rockmanらしいコーラスを1発で出したい場合はNormalかEqualがオススメです。

 

因みにこちらが、WideモードでもRockmanらしいコーラスが出せる俺のセッティングです↓

f:id:acidmb:20220629094220j:image

Sweep SpeedとDeep Chorusを上手く合わせないと変にうねって音程が狂い、不協和音になる音が重なるので、色々試行錯誤した結果こうなりました笑

なので個人的にはDeep ChorusはLong Chorusのように

スイッチ式にし、音程が狂うようなうねりを無くしてディレイタイムの延長効果だけ欲しかったです😅

 

このGOAT Stereo Chorusは前作のGeneratorとは違ってバッファードバイパスになっており、理由は「このバッファを通す事によってRockmanらしいコーラスが出るから」という事。

因みにバッファとバッファ無しの音を比べてみましたが、差は感じられませんでした。

 

電源はGenerator同様006P電池か、センターマイナスの9Vアダプターで動作します。

 

比べてみた

youtu.be

やはり気になるのは本家本元Rockmanとの違い。

正直に書くと、似せられるけど違うかなという印象でした。

やはり上述の通り、Rockmanはエフェクト音の揺れが変にドライ音に干渉して不協和音が出てくるという事は無く結構強めな揺れはあるんですが、その揺れ方や比較的長めなディレイ音を駆使し音が二重に聴こえる効果を上手く生み出してます。

GOATの場合、ディレイ音がやや短いのかRockmanに比べると奥行感が足りないなという印象ですね。

ただこれはWideモードでのお話であり、NormalやEqualになるとRockmanらしい立体感や奥行感が作りやすく、Rockmanらしいコーラスを手っ取り早く得るならそれらの出力方式がいいかなと思いました。

 

今度はPlaytech Super Chorusと比べてみました😝

Twitterに書いた通りGOATとPlaytechでは値段が15倍近く違ってきますが、やはり音もそれなりに違いますね🧐

単純にGOATはアナログ、Playtechはデジタルという違いがありまして、GOATの方がウォームで音が太く奥行感があり、Playtechは相対的に音が細く平面的なサウンドという印象でした。

一応PlaytechにはToneつまみがあるので、そこでハイカットすれば近づくんですが、全体的に音が細く、奥行感などは再現出来ないので、Rockmanのコーラスの音を再現度はやはりGOATの圧勝です👑🏆

 

総評

ディレイタイムが短い、Deep Chorusの効き方が残念という以外は概ねRockmanのコーラスを再現出来ており、リバイバルとしては中々良く出来てると思います👍✨

ただアナログコーラスとしては少々高め(2022年6月現在¥46,200)なので、やはりRockman風コーラスに拘らなければ同価格帯か、もっと安いものがあり選択肢が広いのが厳しいですね😓

ペダルボードだけでBOSTONのコピーをやりたければ、最有力候補となり得るでしょう😎🤘✨

サウンドハウス

20220628 Ovaltone Preamp

f:id:acidmb:20220627171414j:image

6月最後のmng!

Ovaltoneの「歪エフェクターの為のクリーンプリアンプ」、その名も「Preamp」です!(そのままやないかい!Σヾ(>ω<=)

Ovaltoneと言えばOD-FIVE 2 XtremeやQ.O.O Blue Edition、34-Xtremeといった、アンプライクディストーションの名機を次々と生み出してる大御所メーカーですが、今回はそれらを総括してプリアンプ化してしまうツールを出してきました!(歓喜

ネットで調べていくと、どうやらCARRアンプ

のプリ部をエミュレートした模様で、CARRはピュアAクラスのハイエンドチューブアンプのようです🤩

 

しかし既にTwo-Notes Le Cleanというチューブクリーンプリを持っていながら、何故こんな(鬼クソ高いw)クリーンプリを買ったかと言うと、以前からLe Cleanには疑問に思う点があったからです😅

それは「EQ全て12時にするとドンシャリになる」という感覚でした。

「ならBassとTrebleを下げてMiddleを上げれば良いじゃない」

と思うかもなんですが、以前それやってやけにミドルが強くなったり、モコモコしたり、キンキンになったりして調整するのがダルくなりました笑

Le CleanはCh AとBに分かれてるんですが、AはFender Twin Reverb風のドンシャリクリーン、BはMarshallベースのドンシャリクリーンという感じで、どちらか単体で使うと当然ドンシャリ、Hot Mix(A→Bの直列)では更にドンシャリになり、Cool Mix(A+Bの並列)で、Ch A側のEQを0にして漸くフラットな感じになりました。

しかしこれでも何となくドンシャリに感じてましたね😅

またクリーンプリではあるんですが、Gainが9時から歪が加わり始めるので8時でクリーンを維持出来、これだとCh AのGain(音量に相当、Volumeは無効になる)とBのVolumeを最大にしても音量がかなり小さくなります。

後は12V駆動、筐体がでかいなどの細かな点はありますが、それらをOvaltone Preampで解決出来たら良いなと思い、購入に踏み切りました。

 

インターフェース

入出力レベルを司るGain、Boost、Volの3つまみ、EQであるTreble、Middle、Bassの3つまみ、マスターセクションの音の傾向を決めるEQのThin/Fat、Glassの2つまみの計8つまみで構成されてます。

Boostセクションのオンオフやバイパス等はラッチ信号で行います。

電源は一般的なエフェクター用9Vアダプターとなっており、内部昇圧してる為、12Vとかのアダプターを使うと即行で壊れます😨

 

このPreampの最大の特徴として、Nutubeが使われてます😳

Nutubeはノリタケ伊勢電子㈱の蛍光表示管の技術を応用した真空管で、従来のものに比べ小型、長寿命、省電力というメリットを持ってます。

ICチップ位の大きさの真空管で省電力なので、アンプは勿論の事エフェクターにすら内蔵出来、12AX7なんかよりも大幅に省スペース化する事が出来ます。

Nutubeと言えばエフェクター/プリアンプ/ラインドライバーのVOX Valvenergyシリーズや(俺もCutting Edge持ってます✌️😁)アンプのMVシリーズ、Ibanez Nutube Screamer、Nu:Tektの組み立て式ODペダルであるNutube Overdrive Kitなどが有名ですが、遂にOvaltoneも参戦してきたようです⚔💥

他にも厳選されたオーディオトランスやアルミ削り出し筐体など、様々な拘りが窺えます。

 

トーン

まずPreampの各つまみの効果を試すべく、今回はBogner La Grangeを使って試してみました。

Trebleは主にハイミッドとトレブルの間、広いQでブーストやカットを行う感じで、カットよりもブーストが強めになってます。

他のつまみもそうなんですが、アグレッシブに音を変えるというより元々のディストーションペダルのトーンを生かしつつ、足りないなと思う部分をいい塩梅で補助してくれる感じです。

なのでキンキンとかザクザクになるというより、音が明瞭になって前に出るという、痒い所に手が届く効き方で俺的には大アリです👍🌟

 

Middleも同様で、聴覚上500Hz辺りを中心周波数として、広めのQでブースト/カットを行う感じですが、こちらはブーストとカットの量は同じ位ですね。

12時の時点で中域がやや強めだそうで、下げればヴィンテージタイプ、上げればブティック系のクリーンになります。

このMiddleつまみの効き方もまた絶妙で、0にしても極端なドンシャリにはならず良い感じで低域と高域を目立たせ中域の主張を減らし、フルにすればみんなが想像するような中域の分厚いサウンドが炸裂し、ここでいろんなタイプのアンプのクリーンを再現してるような気がします。

 

Bassは100Hz辺りのかなり低い値を司る感じで、こちらはブーストよりもカットの方が強く効きます。

これは環境によって低域によるブーミーな感じを抑えたり、アンサンブルで他のインストゥルメンツと被るかもしれない低域をカットしてスッキリさせる役割を持ちます。

効き方もTrebleやMiddleより穏やかですが、そもそもPreampは「歪エフェクターで音作りする為のクリーンプリアンプ」なので、この効き方で正解だと思います(変に重低音とかで主張されても。。。場合によっては困らないかw)

 

Thin/Fatは所謂ResonanceとかDeepに当たる部分で、最終的なローエンドの調整という感じです。

Bassと比べてブースト方向にも効きますが、シェルビングEQかつBassよりも高い値まで司り、増減値はBassよりも緩やかなので、名前通り太さの調整みたいな効き方をします。

PUによる違いをここで補助したりという感じですね🧐

 

Glassは(流れ通り)Presenceに当たる部分です。

超高域の倍音やエッジ、音の芯をここで調整する感じで、やはり元のディストーションペダルのトーンをそのままにザクザク感を増したり、逆にシルキーさを醸し出したりする、とてもペダルフレンドリーな効き方をしてくれます🤘👍🌟

個人的には、最初にThin/FatでPUに合わせ、Treble、Middle、Bassで土台となるサウンドを形成した後、最後にGlassでエッジの出具合を調整するのが良いかなと思いました。

 

比べてみた

f:id:acidmb:20220627171424j:image

さて、かれこれ長い付き合いであるTwo-Notes Le Cleanですが、ここに来てその地位を揺るがす刺客が表れてしまいました⚔

果たしてLe Cleanは本場12AX7を積んで新参者のNutubeを蹴散らす事が出来るのか!?

今回は以下の国内優秀ペダルビルダーの製品群を使って実験してみました⚔💥

 

まずJackalですが、個人的にはLe Cleanの方が相性がいいなと思いました。

EQ次第ではPreampでも良い方向に持っていけると思いますが、Le Cleanの方が全体的に奥行感を付与して音を太くしてくれるという感じで、これは12AX7による賜物なのかなと思ってます。

Preamp側でThin/Fatを調整して近いサウンドには持って行けそうですね🤔

 

次にVerocity 五一五丸-B2ですが、これは圧倒的にPreampの方が良いです🤘

何ならVerocityのプリアンプモードのアップグレード版みたいなサウンドですね😉

Glassは2時位にしてるんですが、このポジションでカラッとしたアメリカンなサウンドは正にブラウンサウンドや5150に通ずるものがあります🤘🌟

 

最後にGAZONですが、これもPreampの方が断然良いです!

元々凝縮したミドルレンジが魅力で有名なGAZONですが、それを更に濃厚にし凝縮したという感じで、ドンシャリ気味で相殺されるLe Cleanとは違ってGAZONの良い所をこれでもかと引き出してる印象です👍👍👍🌟

 

総評

こういう立ち位置のペダルはかなり少なく、有名どころだとLe Cleanの他はEthos Clean IIとかAlbit A3GP Mark II Plus辺りが有名で、更に「エフェクター用」となるとコレ一択なので、(高い買い物でしたがw)そのサウンドも含めて満足しております😉👍

本当にそのエフェクターの良さを引き出すという感じで、ペダルボードからパワーアンプ若しくはギターorベースアンプのリターンに挿したり、何ならボードにキャビシミュやIRローダーまで放り込んでFoH化してミキサーにそのまま送っても何ら問題ないという位良いです(寧ろアンプによっては真空管やスピーカーがヘタってたりしてロクに良い音が出ないものもあったりするので、ボードでシステムを完成させてPAに投げてしまった方が安定してますし楽かもしれませんw)

正直、Le Cleanよりこちらの方が個人的には好みでございます🥰

サウンドハウス

DJI

20220625 Ovaltone 34-Xtreme

f:id:acidmb:20220624232227j:image

今年の2月に買ったのにレビューをすっかり忘れてしまいました笑

Ovaltone 34-Xtremeです!

因みに2022年6月現在ではディスコンになってます。

このペダルはOD-FIVE 2 XtremeやQ.O.O Blue Edition同様Ovaltoneの代表作の1つと数えられ、高品質なMarshall系AIABとして人気のペダルでした。

そのエフェクターらしからぬ太い音や、きめ細かくも丸みを帯び輪郭のある歪成分は上記2機種の歪み方にそっくりで、Ovaltone特有のサウンドとも言えるでしょう。

 

インターフェース

Master、Tone、Gainと3つのつまみで構成され、「M-F-H」の3-way dipスイッチで構成されてるVoice軽く、「B-F-P」の3-way dipスイッチで構成されてるCh.があります。

電源は定番の9Vアダプターや006P電池で動作可能です。

 

トーン

まずGainつまみですが可変幅が広く、クランチ、オーバードライブ、ハイゲインディストーションまで楽々こなせます。

歪の輪郭が際立っており、クランチセッティングや、ギターのVolを絞ってゲインを落としたサウンドでも音痩せする事が無く、存在感を誇示してますね。

なのでありとあらゆるMarshall本家やその派生系の再現等がしやすくなってます。

Toneは12時だと同社のQ.O.Oに似たサウンドで、より籠りの強いサウンドになり、右に回していくといい塩梅で高域が増加していきます。

逆に左に回し過ぎると籠りが強くなるので、特定のサウンド狙い以外は上げ目が良いでしょう。

VoiceスイッチはフラットのF、中域を強調したM、高域を強調したHと3つの中から選べます。

中域は音全体が太くなり、高域はほのかに明瞭になるという感じで、アグレッシブにEQを変えるという感じではないです。

元の音を変化させず、軽く補強するという立ち位置ですね。

Ch.スイッチはBogner風のB、Friedman風のF、Marshall Plexi Super Lead風のPの中から選びます。

BはやはりBognerらしく、中域が纏まったシルキーな歪、FはFriedmanに見られるジュワッとプレゼンスが強くも不思議と耳に痛くないカラッとした歪、PはPlexi系の歪の弱いMarshallという感じが良く出てます👍✨

この各DIPスイッチやつまみの組み合わせは、かのSansamp Classicを彷彿とさせます笑

 

比べてみた

 

Friedman BE-OD vs 34-Xtreme

まずはBE-ODとの比較。

セッティングはこんな感じです⬇️

f:id:acidmb:20220625193633j:image

Toneが12時だとかなり篭もるので、1時くらいがベストです。

GainはBE-ODが逆にあり過ぎるので、34-Xtreme側は3時まで上げてます。

またFriedman特有のプレゼンスの強さを再現する為、VoiceスイッチはHにしてます。

個人的にはとても似てるなと感じました(自画自賛😝

厳密な違いを書くとBE-ODの方がより低域がタイトで音が整っており、歪の奥行感が強いです。

34-Xtremeは誤差とはいえ低域にもたつき感があり歪がやや散り気味ですね。

またBE-ODはピッキングをすると、往年のMarshallアンプなどに聴ける「コキュッ」という音がちゃんと出るのですが、こちらはそれが弱い気がします(因みにOD-FIVE 2 Xtremeではめっちゃ出ます)

ただトーンや歪のキャラは酷似しており、(重箱の隅をつつくような)微小な違いを気にしなければ、BE-ODのエミュとしてかなり優れてます👍✨

 

Bogner Ecstasy Red vs 34-Xtreme

続いてはEcstasy Redとの比較。

セッティングはこちら⬇️

f:id:acidmb:20220625193656j:image

Ecstasy Redの場合、更に34-Xtremeで追い込めます✌️

BE-OD程歪の輪郭が強くないので、34-Xtreme側で中域を強調し、音の芯をToneつまみで微調整する事によりかなり追い込めます。

因みに34-Xtreme側のセッティングは、Ecstasy Redの柔らかさを表現する為Toneを12時よりほんの少し左に回し、Voiceも中域を強調する為Mにしてます。

Ecstasy Redには各種トグルスイッチが付いてるのですが、それらを複雑にセッティングしても34-Xtremeでは再現出来ますね🤘✨

2022年6月現在、Ecstasy Redはディスコンになってるので、Miniでは無くレギュラー版が欲しいという人には選択肢の1つとしていいかなと思います。

 

34-Xtreme vs Carl Martin Plexitone vs Bogner La Grange

最後は各Plexi系ペダルとの比較。

手持ちだとCarl Martin PlexitoneとBogner La Grangeが世間的に評判が良いので、それらと比較してみました。

結果、どれも音が異なり、

「どれがMarshall SLPに近いのか?」

という疑問が残りました笑

なのでこちらの

オリジナル68年製SLP直の音を参考にした結果、

f:id:acidmb:20220625193710j:image

GainとToneをMAXにしたらそれなりの音になりました😁

やはりTone 12時だと音がモコモコするのでMAXにしてキンキン感を出し、Voiceはもっと高い帯域を弄るのでFがいいかなと思いました🤔

 

総評

Marshall系ペダルとしては最上位に位置しても良いんじゃないかなと思いました。

変に謳ってるペダルよりはMarshall系な音は出ますね。

極端な話Marshall DRP-1の方が断然Marshallな音は出ますが、あっちはMarshallの強い癖まで全部再現しており、またFriedmanやBognerみたいな音は出ないので、使いやすく遊べるという意味でも34-Xtremeの方が便利かと思われます。

ディスコンになってしまったのは残念ですが、Ovaltoneの傑作の1つであり、気になっててもし見つけたら、なる早で確保する事をお勧めいたしますm9っ`Д´)

サウンドハウス

DJI